• 炉ばた大将 炉端BBQ食材を探す
カテゴリー:炉ばた大将 炉端BBQ食材を探す

デンマーク産 冷凍豚肩ロース肉の評価・レビュー

近くのAプライスでは業務スーパー以上に冷凍肉を売っているのでデンマーク産の豚肩ロース肉をブロック買いしてきました。

 

その安さは凄くて100gあたり62円です!!

 

近所のスーパーの米国産の豚肉だと100gあたり100円前後なので物凄く安いです。

 

約3kgの豚肉を2個買いました!!

 

圧倒的な豚肉の量です苦笑

自分は一人暮らしなので食べきるまでどれくらいの日数が必要なのだろうか?

 

コストコや業務スーパーのヘビーユーザーにはお馴染みの専用の冷凍庫

 

ブロック肉が丸々保管できます。

 

縦に長い冷凍庫なのでキッチンの通路に冷凍庫を置いています。

 

冷凍庫から冷蔵庫に一日ぐらい入れておくと半解凍できます。

 

しかしまあ・・物凄い肉の量と安さですね!

 

ラッピングを外します。

 

円柱状に巻かれているのですが解凍して広げてみるとステーキ肉みたいに広くなります。

 

解凍したブロック肉は三徳包丁でもサクッと切れますが自分は出刃包丁を良く使います。

 

小分けをしていきます。

完全に解凍していない状態からでも出刃包丁だとブッタ切る事ができます。

 

国産の豚肉に比べてデンマーク産の豚肉は少しピンク色が出ている感じがします。

 

けっこう大雑把に切っていきました。

 

ブロック肉を小分けした後は小さなビニール袋に入れて冷凍庫に戻します。

半解凍の状態でブロック肉を小分けしていく理由は再冷凍するので出来るだけ劣化させない為の生活の知恵です。

 

サランラップでは無くてビニール袋を使う理由は手間の低減と作業効率のアップからです。

この冷凍庫マシーンは冷凍力が非常に強力なので完全に冷凍するとサランラップもビニール袋も差が殆ど差が無さそうです。

 

安い海外産の豚ロース肉だと非常に味気と食べ応えが無いのですが豚肩ロース肉になると適度な脂身が入るので焼くのも鍋で炊くのも美味しい豚肉料理の食材になります。

 

もちろん自分は炉ばた大将で豪快に食べます!!

今回はサクッと間に合わせでフライパンでデンマーク産の豚肩ロース肉を焼いてみました。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アビテラックス Abitelax ACF-603C 冷凍庫 ホワイト [1ドア /上開き /60L][ACF603C]
価格:17275円(税込、送料無料) (2019/3/3時点)

楽天で購入

 

 

A5等級 黒毛和牛切り落とし

ネット通販で買いました。

 

冷凍されて送られてきます。

 

冷蔵庫に入れて半日から一日で解凍できます。

 

さすがにA5等級の黒毛和牛のお肉だと生でも美味しそうですね!!

 

このワンパックで400gです。

 

成人男性が一食で200g食べれば満足

400gを一気に食べるとお腹いっぱいになります。

 

やはり美味しいお肉は少量でもお腹がいっぱいになりますね。

 

楽天市場 A5等級 黒毛和牛切り落とし

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒毛和牛A5等級切り落とし 810g(270g×3P)【送料無料】
価格:5378円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)

 

肉はガッツリ食べたい

ジューシーな音、溢れ出る肉汁!

炉端焼き、BBQ、のメイン食材である「お肉」。

 

それは、食べ物への「探求」と言うより、もはや「本能」ですね!!。

しかし、お肉は高いものになると高額になり、

特別な食事になる事が多いです。

 

昔はビフテキ(ビーフステーキ)といえば、

ボーナス時期、給料日への家族サービスなど、

子供の頃に母親、父親がレストランに

連れて行ってくれた事が「思い出」にあります。

 

出典元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)

 

特別な料理・食事は思い出に残る

そう!!思い出を作ろうと、私はこのサイトで紹介、

記録しているように動画に取ったりして、

自分の思い出を記録に残しています。

「アレは美味しかった。また食べたいな」

そうやって一人暮らしの中の幸せを見つけ作っています。

 

豚肉の特別「スペアリブ」

スーパーなどでは、「ロース肉」「バラ肉」

「ヒレ肉」「挽き肉・ミンチ肉」と一般的ですが、

「スペアリブ」というと見る機会が少なくなります。

 

スペアリブといえば「骨付き肉」です。

その為、「大きなお肉」と見映えは良く、

骨近辺の脂身の食べ応えは格別です!!

出典元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)

 

スペアリブからバックリブを知る

滅多にない豚肉「バックリブ」。

一度だけ、近所のスーパー「ダイエー」で買ったことがありますが、

それ以来、スーパーで売っているのを見たことがありません。

調べてみるとBBQなどの屋外で豪快に焼いて、

みんなでガッツリ食べるのが、

もはやイベント、特別な食事となっています。

 

バックリブを通販で買う

通販で調べてみると、The Meat Guy(ザ・ミートガイ)さんが、

評判、口コミレビュー、評価が高く、安心して高級な食材でも購入できそうです。

予算は4000円から10000万円くらいかな。

また「炉ばた大将」でバックリブを焼いたら、

サイトでレビューして動画を摂ります!!!。