年別:2020年
ホームPage 1 / 11

 

予算に応じてお腹一杯に肉料理を自宅で食べよう!

そんな小さな考えでもスーパーに食材を買いにいく時には楽しくなります。

 

今回は手ごろな値段で買える食材

手羽先とスペアリブを炉ばた大将で焼いてみました。


そして今回は初めてアルミホイルを炉ばた大将に敷いて掃除も簡単に出来るようにしてみました。

一番の理由としては小さなブナシメジを炉端大将で焼くと網の隙間から落ちてしまうのでその対策で使ってみましたが食事が終わり最後に炉ばた大将を片付ける為に掃除をする時には簡単に掃除をすることが出来ました。

 

これだけ肉を買っても1000円くらいの出費で肉料理を美味しく食べる事を楽しむ事ができますね。

 

お肉だらけだと体重を気にしてしまうので小さな野菜としてブナシメジを一緒に焼きました。

キノコ系の食材は炉ばた大将で焼くのに相性の良い食材ですが小さな食材だと焼く為の工夫が必要となり今回はアルミホイルを使用しました。

 

「ガッツリ肉を食べたい!」

安く食費を抑えながらもお腹一杯な食事が出来ました。

 

自分は一人でコレくらいのお肉をペロリと食べてしまいます。

結構な贅沢をしながらもお金の負担は少なく満足度は最高でした!

 

今回のように炉ばた大将では安い食材も焼き方一つでワンランクも高い美味しい食事ができるので一人暮らしでも料理が上手くなるお勧めの調理器具一つですね。

 

スーパーで良く売っている調味料漬けの食材の中で今回は鶏の手羽元を買ってみました。

こういう料理にありがちなのですが味がキツイ事があるので今回は一度電子レンジで温めて火を通してから炉ばた大将でアミ焼きをします。

 

まあこの手の食材は普通の生肉と違い賞味期限が長いのと少し価格が安いメリットがあります。

 

 

アッという間に焼き目が入ってきました。

強火のまま焼くと焦げ焦げになるリスクが高いので焼き加減をうまく調整します。

 

ピリ辛 鶏の手羽元

ジューシーに焼き上がりました

程よくピリ辛でご飯がすすみますね!

 

安い食材でもワンランク上の美味しさが楽しめる炉ばた大将のアミ焼きは本当に食生活の味方です。

炉ばた大将で焼く食材を業務スーパーなどで良く購入しています。

生肉なども売っている業務スーパーやコストコもありますが基本は冷凍状態で販売されています。

どの商品も一食では食べきれないほどの量がある食材ばかりなので今回は「まとめ買いした冷凍の食材の解凍方法」を紹介したいと思います。

 

料理をする前日に使う分の冷凍の食材を分けて使う分だけを冷蔵庫に入れておくと3時間から半日で自然解凍できます。

 

今だったら100円ショップで小さなタッパーだったら2個セットで100円とかあるので用意しておくと便利です。

 

タッパーを洗うのが面倒で嫌だったらナイロン袋に解凍する食材を入れてそのまま冷蔵庫で自然解凍もありですね。

 

または販売されている冷凍の食材はどれも量が多いので後日食べる分の残りの食材はナイロン袋に小分けして炉ばた大将で美味しく焼く日の前日に冷蔵庫に移して自然解凍するのが良いと思います。

 

 

ホームPage 1 / 11