タグ:スペアリブ
ホームPage 1 / 11

 

予算に応じてお腹一杯に肉料理を自宅で食べよう!

そんな小さな考えでもスーパーに食材を買いにいく時には楽しくなります。

 

今回は手ごろな値段で買える食材

手羽先とスペアリブを炉ばた大将で焼いてみました。


そして今回は初めてアルミホイルを炉ばた大将に敷いて掃除も簡単に出来るようにしてみました。

一番の理由としては小さなブナシメジを炉端大将で焼くと網の隙間から落ちてしまうのでその対策で使ってみましたが食事が終わり最後に炉ばた大将を片付ける為に掃除をする時には簡単に掃除をすることが出来ました。

 

これだけ肉を買っても1000円くらいの出費で肉料理を美味しく食べる事を楽しむ事ができますね。

 

お肉だらけだと体重を気にしてしまうので小さな野菜としてブナシメジを一緒に焼きました。

キノコ系の食材は炉ばた大将で焼くのに相性の良い食材ですが小さな食材だと焼く為の工夫が必要となり今回はアルミホイルを使用しました。

 

「ガッツリ肉を食べたい!」

安く食費を抑えながらもお腹一杯な食事が出来ました。

 

自分は一人でコレくらいのお肉をペロリと食べてしまいます。

結構な贅沢をしながらもお金の負担は少なく満足度は最高でした!

 

今回のように炉ばた大将では安い食材も焼き方一つでワンランクも高い美味しい食事ができるので一人暮らしでも料理が上手くなるお勧めの調理器具一つですね。

 

【炉ばた大将】BBQ食材 バックリブを家で焼きました

豚肉の中でも「スペアリブ」は最高です。
でもスーパーで見つからなくて・・・。

便利なネット通販でゲット!!

今回からお世話になるThe Meat Guy(ザ・ミートガイ)で見つけました!!
しかもアメリカ式?!「スペアリブ」ではなく「バックリブ」。
「ベイビーバックリブ」です。

けっこう自分のように「スペアリブ」を調べて「バックリブ」を知る方が増えてます。
僕も以前に食べた「美味しかったスペアリブ」が、
実は「バックリブ」だと、今回気づきました。

冷凍庫にて保存。
専用冷凍庫があると大きな食材でも困りません。

料理前日に冷蔵庫に移動し解凍しました。
そして、そのサイズ、大きさに驚きです!!
「で、でかいww」

出刃包丁を持っていたので楽に切れましたが、
普通の包丁でも十分に切れる硬さです。

 

焼き易いように4等分にカットし、お鍋で下茹しました。

 


 

【炉ばた大将】BBQ食材 バックリブを家で焼きました イワタニ カセットコンロ

肉汁でまくり!!美味しそう!!!
つまみ食いしてしまいそうですwww

 

炉ばた大将も燃えてます!!
キャンプでする炭火焼きBBQに負けません。

 

焼肉のタレがとても合いました。
専用のタレを使わなくてもおいしいです。

 

バリバリに焼けて香ばしい匂いがたまりません!!
「早く食べたい!!」

 


お皿に盛り付け??
いや、お腹の空いた野郎はトレーで食べます!!

バクバク食べて明日も頑張りますww

肉はガッツリ食べたい

ジューシーな音、溢れ出る肉汁!

炉端焼き、BBQ、のメイン食材である「お肉」。

 

それは、食べ物への「探求」と言うより、もはや「本能」ですね!!。

しかし、お肉は高いものになると高額になり、

特別な食事になる事が多いです。

 

昔はビフテキ(ビーフステーキ)といえば、

ボーナス時期、給料日への家族サービスなど、

子供の頃に母親、父親がレストランに

連れて行ってくれた事が「思い出」にあります。

 

出典元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)

 

特別な料理・食事は思い出に残る

そう!!思い出を作ろうと、私はこのサイトで紹介、

記録しているように動画に取ったりして、

自分の思い出を記録に残しています。

「アレは美味しかった。また食べたいな」

そうやって一人暮らしの中の幸せを見つけ作っています。

 

豚肉の特別「スペアリブ」

スーパーなどでは、「ロース肉」「バラ肉」

「ヒレ肉」「挽き肉・ミンチ肉」と一般的ですが、

「スペアリブ」というと見る機会が少なくなります。

 

スペアリブといえば「骨付き肉」です。

その為、「大きなお肉」と見映えは良く、

骨近辺の脂身の食べ応えは格別です!!

出典元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)

 

スペアリブからバックリブを知る

滅多にない豚肉「バックリブ」。

一度だけ、近所のスーパー「ダイエー」で買ったことがありますが、

それ以来、スーパーで売っているのを見たことがありません。

調べてみるとBBQなどの屋外で豪快に焼いて、

みんなでガッツリ食べるのが、

もはやイベント、特別な食事となっています。

 

バックリブを通販で買う

通販で調べてみると、The Meat Guy(ザ・ミートガイ)さんが、

評判、口コミレビュー、評価が高く、安心して高級な食材でも購入できそうです。

予算は4000円から10000万円くらいかな。

また「炉ばた大将」でバックリブを焼いたら、

サイトでレビューして動画を摂ります!!!。

ホームPage 1 / 11